相談のタイミング

交通事故にあってしまい、いつ弁護士に依頼したらいいのか、タイミングは悩んでしまうところになるでしょう。なぜならば、一度も弁護士を利用したことがない人が大半だからです。そうなると、保険会社から示談金の交渉がスタートしてしまいます。これが弁護士に依頼するきっかけになってしまうことが多いのがポイントです。

無料相談実際に考えてみると、示談交渉が始まる前に弁護士が代理人になっている方がスムーズに進みます。代理人になっていると、相手の保険会社にも伝えることになり、窓口を一本化することが可能です。どうしても敷居が高いと感じてしまうことから、贈れてしまうことになりますが、まずは無料相談を利用してみるといいでしょう。これであればいつでも相談ができますし、相談料もかかりません。

数多くの弁護士事務所が無料相談をするようになりましたが、もともとはこうした取り組みができませんでした。今では相談料を自由に設定できるようになり、無料で相談を受けられるところが増えています。弁護士の側でも敷居を高くとらえられていることがわかっているため、できるだけ早くスタートできるような取り組みのひとつになりました。特に重傷事故の場合には、早期の相談がポイントです。